困った社員の責任の所在
2018-06-30
テーマ:イベント
営業中にも関わらず、看板の電気が点いていない。
暖簾がかかっているものの、反対にかけられている。

代表の北原です。

久しぶりの投稿。おそらく“余裕”がなくなっていたのだと思います。

先日、各店を訪問したところ上記のような事象がありました。

ある人に話したところ、それは彼らが本当に働きたい会社、本当に働きたいお店になっていないからでは?

と言われてしまいました。

まさにその通り、何も返す言葉がありませんでした。

それらを、ひとつひとつを注意をしたところで、きっと根本的な解決にはならないのでしょう。

社員の才能をみつけ、社長が手間暇かけて伸ばしてあげる。

名経営者には、人間の潜在能力に対する強い肯定感を持つことが共通しているそうです。

日々、トライ&エラーの繰り返しを楽しむことを忘れず、本当に働きたい会社を一生かかっても作ろうと心に決めた6月なのでした。

それではまた。





泣いて謝って来た!!!
2018-05-16
テーマ:イベント
代表の北原です。
GW期間中に販売した「満蒙焼肉ラーメン」多くのお客様に召し上がっていただきました。
ありがとうございました。次回はお盆に販売致します。

さて、つい先日の事。

GWも終わり平穏な日常が戻ってきたと思っていた矢先、、、

新入社員のH君から突然のメッセージが

「すみません、ビリー2号ぶつけちゃいました。。。本当にすみません。」

まじか、、まだリース期間沢山残ってるよ。。
おまえ、それ本気で反省してんのか??

僕も人間です。
とうぜん、そう思ってしまいます。

しかしながら、そこで彼を責めたところで元通りにはなりません。

何の解決にもなりません。

特殊車両につき、普通乗用車以上に気を付けなければいけない車両。
運転する際のの注意点については、管理責任者から指導はあったのか?
彼の不注意だけが原因ではないはず。

確認すると、“一応”指導はあったとのこと。

うーん、、、そしたらその指導内容を再確認し、修正する必要がある。

なーんて色々考えてて、本人に直接会うと

もう今にも泣きそうな顔つきで、「本当にすみません、、、うぅ、、、」

と、H君本気で謝って来ました。

従業員の過失による故障や破損はこれまでも何度もありました。

H君の本気の反省は、今までの従業員の中では一番に感じました。

彼は、この会社で伸びると確信した瞬間でした。

高校卒業と同時に、ボストンバック1つ持って東京へ。

翌日から居酒屋に住み込みで6年間勤務。

中々の根性です。

これからが非常に楽しみなH君、ぜひ応援してやってください。




GWにあのラーメンが帰ってくる!?
2018-04-20
テーマ:イベント
2018年11月飯田をざわつかせたあのラーメンが帰ってきます!


GW限定「元祖満蒙焼肉ラーメン」販売決定!
11月の限定ラーメンでは「飯田焼肉二郎」という名で登場しましたあのラーメンです!

《販売期間》
4/28(土)〜5/6(日)
《販売店鋪》
・ふたつ矢 飯田本店
・らーめん岳 中津川店
・アヒル家 土岐店

さらに、クイズに答えて無料で専用トッピング「黒モツ」をGETできちゃいます!
∨∨∨∨問題はこちら∨∨∨∨

Q.次の漢字はなんと読むでしょう?

   『 満 蒙 』

A.まんごう
B.まんもう


解答方法は
①GAKUアプリからクイズに答えるか
②Twitterからクイズに答えるだけ!

◆アプリダウンロードは『GAKU』で検索!
◆Twitterアカウント 【公式】GAKUグループ@futatsuya_gaku
https://twitter.com/futatsuya_gaku


GAKUフォトコンテスト開催中!
2018-04-03
テーマ:イベント
只今GAKUグループでは
「GAKUフォトコンテスト」を開催中!

最優秀賞者にはなんと!3万円分のお食事券をプレゼント!

《応募方法》
(1)Instagram又はTwitterにGAKUグループ各店で撮った写真を投稿。
(2)ハッシュタグ #GAKUフォトコンテスト を必ずつけて下さい。

当選者の方には、ダイレクトメッセージで当選をお知らせします。
(2018年7月上旬予定)

ぜひぜひご応募くださいませ!


2018-03-09
テーマ:お知らせ
代表キタハラです。
いなっこトマト贈答箱出来ました!

昨夏、飯田市上郷別府にある信州岡島農園さんから「いなっこトマト」のブランディング依頼をいただき、ようやく完成いたしました。

いなっとトマトは、弊社グループでも時折販売しております「奇跡のトマト」(←店舗での商品名)の事で、このトマトは水耕栽培によって育てる事で濃度が非常に高く一般的なトマトとの差は歴然としています。

また、東京や名古屋などへの流通がメインという事もあり、残念ながらこの飯田では中々手に入りづらい事でも有名です。

今回のパッケージ化に合わせてコンセプトにしたのが、東京銀座にある長野県のアンテナショップ「銀座NAGANO」に置いても見劣りしないシンプルでカッコいいデザイン。

3代目農園主の英由さんの農業へのこだわりや想いを取材しながら、最終的にこのデザインに仕上がりました。

2月~5月に採れるトマトは1年を通して一番おいしい時期という事もあり「プレミアム版」で、その他の時期に販売するものは「通常版白」の箱をご用意しました。

通販でも販売しているようですので、こちらからお問合せください。

http://175tomato.com/


      記事一覧  ・ 次ページ≫


2018年11月(0)
2018年10月(0)
2018年9月(0)
2018年8月(0)
2018年7月(0)
Copyright (C) GAKU Company. All Rights Reserved